ZEH

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスのことで、『年間の1次エネルギー消費量が正味でゼロ』となる住宅です。

 

ZEHの定義

外皮の高断熱化および高効率な省エネ設備を備えており、再生可能エネルギーによって、年間の1次エネルギー消費量が正味ゼロまたはマイナスの住宅であること。

国が定めたエネルギー基本計画では、「2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」と目標設定されています。

現在自社でも同様の実現を目標に活動しております。

藤岡萬建設のZEH普及目標は、以下の通りです。

ZEHのコストダウンに向けた具体策

  • 基本断熱性能はすでにZEH基準を満たしていることから、原則削除の見直しにより削減への検討を行う
  • 共同購入システムを検討・強化することにより、スケールメリットを効果的に活用していく
  • またパッシブデザインの手法を活用し、効果的な通風・採光計画で機械設備に頼らない方法でのコストダウンにつなげていく

 

ZEHの周知・普及に向けた具体策

従来より、弊社は省エネルギー住宅や長期優良住宅に取り組み、HP、チラシ等でその旨を公開し、実践してまいりました。

引き続き、ZEHへの取り組みをHPや見学会、チラシ等の告知で周知・普及に努めます。

 

その他の取り組みなど

太陽光発電のみに依存するだけでは創エネとはいえません。

太陽集熱や地熱利用等の再生エネルギーの活用について情報収集を継続して行った上で普及に尽力し、また、工事現場で発生する資材端材の再生利用の強化に努めてまいります。

環境共生住宅に住むメリットをアピールし、木育啓発活動とも合わせることで、地域共生型工務店として取り組んでまいります。

 

ZEH対応住宅についてのご質問がございましたら、メールフォームやお電話からお気軽にお問い合わせください。